初めて通うなら押さえておこう!ジムでのトレーニングを快適にするためのポイントをご紹介

このサイトでは初心者の方のために、フィットネスジムの施設の種類とその設備内容や、エクササイズの内容による選び方、トレーニングのときに押さえておいたほうがよい、服装や持って行くべき物など、快適にトレーニングするポイントを紹介します。
効果的なエクササイズには、目的に合ったトレーニングができる施設を選ぶことが大切です。
フィットネスは施設によって千差万別です。
必要な情報を収集して、ご自身に合ったフィットネスを選んでください。

初めて通うなら押さえておこう!ジムでのトレーニングを快適にするためのポイントをご紹介

ジムに持って行く物はジムの施設やトレーニングによって変わってきます。
最低限持つべき物はトレーニングウェアとシューズ、そして水分補給用のスポーツ飲料です。
トレーニング内容に応じて変えるのが快適なトレーニングのポイントです。
ウェアは速乾性のものを選び、露出度が大きすぎないウェアを選択する必要があります。
シューズもランニング時にはクッション性能が高い、速乾性のあるものがよいでしょう。
スポーツ飲料は自動販売機でも購入可能ですが持参することで費用の削減と効果的な水分補給が可能にします。
施設のロッカーの大きさに応じて、荷物の量は変化しますが、プロテインやイヤホンを持参すると快適にトレーニング可能です。

運動不足の初心者にもおすすめなジム

毎日の運動は健康を維持する為に、とても重要なことです。
運動をすることが苦手という人や継続してジムに通うことが出来ないという人もいて、せっかくジムに入会しても通うことを中断してしまう人は多いです。
運動不足を解消する為に初心者でも通いやすいジムを探すには、自分の希望に出来るだけ近いジムを探すことです。
身体を動かすとは一口に言っても運動内容や施設に用意されている運動機器や、プログラムなどは様々です。
運動することに慣れていない人や苦手なのに無理をして、高い運動負荷がかかる機器がある場所や詰め込みすぎたスケジュールではすぐに挫折してしまいます。
まずは自分が通いやすい場所にあるかどうか、用意されているプログラムが初心者用になっているのか事前に調べてから入会することが大切です。
ボディービルダーのような身体を目指すのではなく、楽しみながら身体を動かせる施設はたくさんあるので興味を持ったのならまずは体験入会をして施設の雰囲気を感じてみてはどうですか。

効果を実感するために必要なジムに通う回数

家でトレーニングをやっているのに、体重が全く減らない、体型の変化が出ないという人が多いです。
エクササイズの効果を実感するためには、高めの負荷をかけた筋トレや一定時間以上の有酸素運動を定期的に行う必要があります。
簡単で負荷が少ない筋トレを毎日100回やるより、ジムにあるようなマシンを使って10回の筋トレを3セットでも効果を実感できるでしょう。
筋トレは毎日行えばいいというものではなく、筋トレで傷ついた筋肉を休ませる時間が必要です。
その時間は24時間以上と言われているため、週に2、3程度の回数でジムに通えば効率的に筋肉を育てることができるでしょう。
脂肪を燃焼するために、ランニングやバイクなどの有酸素運動を毎日するためにジムに毎日通っても問題ありませんが、仕事やプライベートで忙しい人は、週に2、3回であれば運動が負担にならないです。
運動習慣がない人が毎日ジムに通うと、途中で挫折してしまうことがあるので、できる範囲で習慣づけてください。

目的に合わせて選びたいスポーツジム

スポーツジムには、さまざまなタイプがあるので、目的に合わせて選びましょう。
例えば、有酸素運動と無酸素運動でしっかりと鍛えたい場合は、トレッドミルやエアロバイク、筋トレ用マシンの充実したジムが向いています。
通いやすさを考えると、自宅又は職場の近くで、営業時間の長いほうが便利です。
生活習慣病の予防や治療の一環として通う場合は、病院と提携し、適切なプログラムを作成してくれたり指導してくれたり人間ドックなどのサービスとセットになっているジムがおすすめです。
色々なプログラムを楽しみたい人には、ヨガやダンスなどのスタジオプログラムが充実していたり、プールが併設されているジムが向いているかもしれません。
通う時間が限定されている場合、例えば平日や休日のみの利用で会費が安くなる制度があるほうがお得に利用することができます。
また、一か月単位で休会する可能性があるなら、休会期間の会費が安くなる制度があればお得に利用できます。

ジムを選ぶときに最も重視したい通いやすさ

運動不足解消や健康維持のためにスポーツジムに通う人は多く、若者から年輩者から高齢者まで利用者は幅広い年齢層にわたっています。
どんな人にも共通して言えるのは、ジム選びで最も重視すべきことの1つは通いやすさということです。
どんなに施設がきれいで設備や機械類が充実していても、安かったり通い放題でも、通いやすくなければ長続きしません。
会社員の人が平日の会社帰りに立ち寄るなら、会社の近くだったり往復の電車の途中駅で買い物などで降りる駅の近くがいいでしょう。
土日を中心に利用する社会人や主婦、リタイアした高齢者などであれば、家から徒歩や自転車ですぐ行ける場所だと便利です。
雨が降っても気にせず通えるという意味では徒歩圏内のスポーツジムがもっとも便利ですが、知り合いと会いたくないなら少しだけ遠い場所にするのも一案です。
せっかくお気に入りのスポーツクラブを見つけて通い始めても、行くのがおっくうになって足が遠のいてはもったいないので、通いやすい場所を選んでください。

著者:関戸邦子

筆者プロフィール

名古屋市守山区生まれ。
フィットネスジムが趣味です。
このサイトでは初心者の方向けに情報をまとめています。
守山でジムを探そう!